WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。

最先端の映像・
音響システムを活用し、

空間を
作り上げる仕事

技術部門
MICHI.T(株式会社レスターコミュニケーションズ)

映像・音響システムの設計から
施工までを担当

技術職として、医療機関向け映像システムの設計・施工を経験後、現在は企業のお客様向けに、ホールや会議室等で使用される映像・音響システムを担当しています。お客様からヒアリングした内容をもとに設計図を作成し、建築事務所や社内のメンバーとも連携しながら、現場の進捗・安全管理、施工、アフターフォローを行うのが私の仕事です。その中でもメインとなる設計業務に求められるのは、想像力。現場で機器を接続した際に伝送遅延などのトラブルが起こらないよう、机上で設計する時点で、現場の作業をしっかりと想像することが大切です。当社では設計と施工の両方に携われるため、施工現場で習得した知識を設計に活かせる点が、大きなメリットだと感じています。

入社2年目で大きな案件を
任されたことが自信に

設計や映像・音響設備に関する知識は、入社後に身に付けました。OJT期間中は、女性の先輩社員がチューターとなって業務の基礎を親身に教えてくれましたし、その後も困ったことがあれば、部署を問わずさまざまな先輩方が手を差し伸べてくれたので、不安はありませんでした。また、フォローが充実しているだけでなく、若いうちから仕事を任せてもらえるのも当社の魅力。入社2年目には、とある医療機関の手術室十数部屋に映像システムを導入するという大きな案件を、1人で担当させてもらいました。自分で考え、トラブルに対処しながらも無事にやり遂げることができたこの経験は、その後の自信につながりました。「責任はとるから」と言って、私自身が最良と思える方法で業務を進めさせてくれた上司には、今でも感謝しています。

自分の興味を掘り下げ、
やりたい仕事に巡り合えた

実は、コンピューター理工学部所属だったこともあり、就活を始めた当初はITエンジニアを志望していました。ですが、面接で「なぜこの業界に興味を持ったのですか?」と聞かれた時に、手法には興味があっても、その業界、その企業でなければならない理由が、自分の中には無いことに気づきました。そこで自身を改めて振り返ったことで見えてきたのが、部活や結婚式場のアルバイトで触れていた照明・音響機器への興味でした。この仕事の醍醐味は、最先端の映像・音響システムを活用し、空間を作り上げることができるところ。もし、映像や音に興味があり、ユーザーではなく空間を作る側として携わりたいと考えている学生さんがいたら、ぜひ話を聞きに来てほしいと思います。

海外研修
20年後
キャリアプラン
描くきっかけに

営業部門
RYOSUKE.M(株式会社レスターエレクトロニクス)

世界有数の
ソニー製半導体に
携わることができる

営業職として、国内大手の電機メーカーグループ様に向け、携帯電話へ組み込むカメラモジュールの提案・販売を担当しています。当社へは数少ないソニーの特約店であることに魅力を感じて入社したのですが、希望がかなって世界トップクラスのイメージセンサーをはじめとしたソニー製品に携わることができています。当社にとって仕入先は、製品の拡販という目的を共にする協力関係。ソニーの営業や技術の担当者さんとは、情報を共有し合ったり、時には工場を訪れて技術的な知識をじっくりと教わったりできる間柄です。こうした連携が、お客様へのよりよい提案につながっているのです。

海外研修では
中国のビジネスの
スピードを肌で感じた

入社7年目の年に、海外研修で中国の深センに半年ほど滞在しました。深センは若者が多く、日本よりキャッシュレス化が進んでいる非常に近代的な都市です。そんな現地で一番刺激的だったのは、ビジネスのスピード感。中国メーカーに対して日本の部品を提案した際には、その日のうちにサンプルが欲しいと言われたこともあります。当然結果が出るのも早く、非常にエキサイティングでした。また、深センの拠点では日本よりも経営層との距離が近く、経営に必要な考え方を近くで学ぶこともできました。それまでは営業職としての5年から10年先のビジョンしか持てていませんでしたが、その先の20年後に会社を引っ張っていくビジョンまで描けるようになったのは、この時の経験があったからです。

営業活動は、
失敗しても前を向くつもりで

当社の営業職の場合、必ずしも学生のうちから半導体の専門知識がなければいけないということはありません。社内の勉強会など知識を身に付ける機会はたくさんあるので、興味を持って積極的に吸収し、活躍していってください。もうひとつ、営業志望の方に大切にしてほしいのは、「失敗しても前を向く」ことです。営業活動は、まずお客様に自分のことを好きになってもらうことから。そのためには、失敗を過度に恐れずにお客様との距離を縮めていくことが大切です。当社はフランクな社風なので何かあれば先輩たちが相談に乗りますし、仮に失敗してしまってもフォローします。いつでも前向きにお客様と向き合い、信頼を獲得していってほしいと思います。

幅広い製品触れることができ、
お客様との
接点多い仕事

技術部門
TAKAHIDE.S(株式会社レスターエレクトロニクス)

お客様と対話する
機会が多いのが、
FAEの魅力

FAE(フィールドアプリケーションエンジニア)として、技術的観点からの半導体製品のご提案、納品後の品質や製品開発におけるサポートなどを担当しています。FAEは営業色の強いエンジニア職で、商談の際は営業担当者に同行してお客様の技術的な質問に回答するなど、対外的なコミュニケーションが求められる仕事です。お客様は国内大手の電機メーカー様が多く、民生品を中心にテレビ、デジカメ、ゲーム機、OA機器など多岐にわたる製品に携わってきました。当社が取り扱う幅広い半導体の中から自分の担当分野を中心に専門知識を深め、さまざまなお客様との接点を持つことができるのがこの仕事の魅力だと思います。

製品開発で感じた
エンジニア同士の連帯感

前職では、メーカーでアンテナや電源回路の設計をしていました。電機設計の仕事は一つの製品に深く関わることができる反面、その環境ゆえに仕事上で関わる人が限定されていってしまって。より視野を広げたいと考えるようになった時に、幅広い技術に触れられ、お客様との対話もできるこの仕事に出会えたのは、ご縁だったなと思います。また、商社のFAEの良さは、社外のいろいろなエンジニアと出会える点にもあります。たとえば製品開発のプロジェクトに参画し、お客様側のエンジニアの方と協働する場合。技術課題への対応など大変な局面を共に乗り越えていくと、エンジニア同士には会社の垣根を超えた連帯感が生まれることもあります。そういった絆は、プロジェクトが終わっても続くもの。何年経っても、苦労を共にした方と顔を合わせると当時の連帯感がよみがえるものなのです。

これからはエンジニア発の
提案が求められる

当社は技術商社となることを目指しています。技術知識にもとづいたソリューションをお客様にご提案していくためには、エンジニアが自らアイデアを出していくことが必要です。当社には、若いうちからやりたいことや考えを発言していける自由度の高い風土がありますから、新しく入社される方にもアイデアをどんどん出してほしいと思います。もう一つ、これからエンジニアとして活躍しようという学生さんに伝えたいのは、成長するためには何事にも興味を持つことが大切だということです。技術や製品への興味はもちろん、当社ならお客様や国内外のサプライヤーさんと直接コミュニケーションできる機会が多いので、ぜひ人にも興味を持って仕事を楽しんでほしいと思います。

裁量与えられるから
自分で考え

解決する力
身に付く

技術部門
TOMOYUKI.A(株式会社レスターエレクトロニクス)

部品の品質を
お客様の要求に近づけていく

FAE(フィールドアプリケーションエンジニア)として、カーナビやデジタルカメラに使われる液晶モジュールの品質サポートを担当しています。大手液晶メーカーであるお客様に対する製品仕様のご説明、製品に不具合が見つかった際の検証などが主な仕事です。私が担当している液晶モジュールは、台湾の仕入先の製品。現地の担当者とは電話やメールで頻繁にやりとりが発生するほか、年に2,3回ほど出張で台湾に行くこともあります。国が違えば言葉だけでなく考え方の違いもあるため、仕入先の話にも耳を傾けながら、いかにお客様の要求する品質に近づけるか。そうした折衝をするのも、重要な役割のひとつです。

知識を伸ばし、
裁量を持って
成長していける環境

かつては、基板メーカーで7年ほど生産技術を担当していました。工場で生産の条件出しや材料の評価などをしていたのですが、自分の仕事が世の中にどう活きていくのかをよりお客様の近くで感じたいと考え、当社に転職しました。もちろん基板と液晶では必要な知識が違いますし、前職ではお客様対応はしてこなかったので入社直後は苦労することもありました。ですが、お客様への説明がうまくできないときには先輩がサッと話に入ってくれるなど、サポートしてもらえる体制があったので、経験を積みながら成長していくことができました。当社では担当分野についてある程度の裁量を持たせてもらえますが、そうは言っても1人で抱え込むことはありません。先輩の力を借りながら、徐々に1人で仕事ができるように成長していける環境だと思っています。

自分で考えて動きたい人に
向いている仕事

理工系の学生さんは、メーカーを中心に仕事を探している方が多いかもしれません。私も学生の頃はそうでした。ですが転職した立場だからこそ、当社のような商社の中にもエンジニアの仕事があることは知っておいてほしいなと思っています。私の場合は転職後、当社で裁量を持って働くことで自立的に課題を解決する力を伸ばすことができましたし、加えてワークライフバランスを保つこともできるようになりました。上司に言われた通りのことをするのではなく自分で考えて動きたい方なら、この仕事は合っていると思います。私も先輩にしてもらったようにサポートしますので、やりたいことに挑戦していってください。

誠実向き合い
築いた信頼から
ビジネス機会
広がる

営業部門
Hyeong-don.K(株式会社レスターエレクトロニクス)

長期にわたる信頼関係

ベースとした営業活動

営業職として、国内大手の電機メーカーグループ様を中心に、主にモバイル機器向けの半導体製品の提案・販売を担当しています。新たなお取引先を少しずつ増やしている一方で、入社から約5年間ずっと担当させていただいているお客様もいらっしゃり、長いお付き合いができています。そのためか、先方の担当者様からは異動されても、「こういう製品ありますか?」とお問い合わせをいただくこともあります。過去に築いた信頼関係が新たなビジネスの機会へとつながっていく、そんな環境です。メインとしているモバイル機器向けの電子部品の他にも、エアコンやATMなど幅広い製品をご提案しています。

最終面接でしてしまった
大きな失敗

就職活動をしていく中で最終的に当社を選んだのには、大きな理由がありました。実は、最終面接に私の勘違いから30分も遅刻したにもかかわらず、もう一度チャンスをもらっていたのです。面接時間に現れなかった私は、本来なら不採用となっていてもおかしくありません。ですが、当時の人事担当者は私のために後日面接を再設定してくれ、その結果として内定までもらうことができました。その時の私はとにかく謝罪の気持ちで面接に臨み、何を話したのかも覚えていませんが、後で聞いた話では汗だくになりながら謝罪した誠意を評価してもらえたのだそうです。一度失敗してしまった私にチャンスをくれた、その恩に報いたい気持ちで入社を決めました。

お客様と仕入先の間で
価値を発揮するには

営業の仕事をしていく上で大切にしていることは、相手の立場を理解して誠実に向き合うことです。商社である私たちは、お客様からは仕入先との交渉を、仕入先からはお客様との交渉を任されている立場。情報は鮮度が高いうちに伝えるだけでなく、情報をもとに双方にとって望ましいシナリオを描き、方向性を示すことこそが私たちが間に入る価値だと思っています。また、その際には情報をゆがめないことも重要です。私はたとえトラブルが発生してしまった時でも、できるだけ全部明らかにして話すようにしています。これから営業職に就くみなさんも、時にはトラブルに見舞われることがあるかもしれません。そんな時は、隠し立てせずに相手と正直に話してみてください。きっとみんなが納得できる解を見出すことにつながると思いますよ。

世界トップクラス
イメージセンサー強みに、

新たな提案
行っていく

営業部門
SHINYA.A(株式会社レスターエレクトロニクス)

お客様の製品に欠かせない部品

取り扱う重要な仕事

営業職として、大手デジタルカメラメーカー様を中心に、お客様に向けた半導体ソリューションの提案・販売を担当しています。主に取り扱っているのは、世界でもトップクラスのシェアを持つソニー製イメージセンサーのほか、ディスプレイや電池などです。特にソニー製の半導体を取り扱えることは当社の強み。イメージセンサーのお取引で築いた信頼関係をベースに、新たな部品のご提案もしやすい環境にあります。また、お客様にとって当社は製品に欠かせない重要な部品を取り扱う立場ということになります。その責任を感じながら、日々お客様に向き合っています。

苦労があるからこそ、
発売時のよろこびも大きい

半導体商社の一員として、メーカーであるお客様の新製品には密接に関わっています。一般家庭用製品の場合、企画から発売までにおおよそ1年から2年ほどの期間がかかります。その間には、仕入先との納期・生産数の調整が必要だったり、技術面の課題をクリアしなければならなかったりと、さまざまな苦労があります。お客様にとっても当社にとっても、新製品を発売するというのは決して簡単なことではありません。しかし、だからこそ苦労を乗り越えて、製品が量販店などに並ぶ様子を目にしたときに感じるうれしさは、よりいっそう強いものになるんです。

うれしかったサプライズを
後輩にもしてあげたい

入社して最初の配属日のことは、今でも覚えています。先輩たちが私の机に、「入社おめでとう!何かあったら相談してね」というメッセージとともに、道具一式を用意しておいてくれたんです。温かい歓迎を受けて、改めて入社して良かったと感じました。あまりにうれしかったので、次の年からは「今度は私が!」と後輩のために率先してメッセージカードを準備するようになりました。こうした職場の雰囲気の良さは、当社の自慢のひとつです。仕事をしていると悩むこともあるかもしれませんが、何かあったときに相談に乗ってくれる人は必ずいますし、私も後輩ときちんと向き合える先輩でありたいと思っています。特に、今は会社が変わっていこうとしている時期です。上下の垣根を超えて、一緒に会社を良くしていきましょう。